浪人生としてどう向き合うべきか

浪人生活が始まってもう2ヶ月が立つ。毎日のようにおもっているがこれをあと3回と少し繰り返せばもうセンター試験が来てしまう。

 

ここ2ヶ月間、親に怒られるたびに自分の不甲斐なさを嘆いてしまうし、自分の決めたスケジュールに事が上手く進行できない自己管理能力の低さも相まってなんだかんだかなり大変だった。

 

今日から少しづつにはなるが日記をつけようと思う。別に誰にみせるわけではないが文字に起こすと気分がスッキリするからだ。まぁ紙にかけよって話にはなるがいかんせん時間がないので、スラスラと書けるのがインターネットというかスマホのメリットだと感じているのでこうすることにする。

 

河合塾の自分が所属している私立大理系コースは基本的に平日は朝9時から昼過ぎの3時まで1時間半の授業をする。(日によっては4時半だったり1時には終わったりする)

基本的には家で予習をしてきてその解法とコツやら雑談やらを挟みつつ、授業後に復習をする。これは小さい頃から勉強を頑張ってきた人にとっては当たり前にこなしていたことであろうが、いかんせんサボりにサボったところが多くこれに慣れるのに苦労した。復習が完璧になってもまた次の日の復習をやらされが終わり次第、自分が持参している参考書に手をつけたら英単語を覚えたりしないといけなくて基本的に週末含め休みはない。今では10時間勉強は慣れたものだが本当に最初は辛かった。本当に大変なことですよ、これは。それに2ヶ月で模試やテストを5回もやっている。果たしてこんなに短時間で多くやる意味があるのかわからないが天下の河合塾がいうんだから間違いない。

 

講師自体は予備校のコマーシャルで出てくるような個性的な髪の人やクセが強い性格を持つ人も多くどの人の講義を取っても非常にためになり面白い。学校の先生より100000000倍くらい楽しい。いや、本当に。学校の先生をヘイトするようで申し訳ないがあの人たちは偏差値と引き換えに悪魔とユーモアでも取引したのだろうかと本気で思ってしまう。

津田沼には周りになんでもあり昼休憩に外食に行ったりすることができるのもポイント高い。最近はずっと千葉工大の学食を食べている。僕が落とした大学生活はここにあったのだ。

 

何だかんだ歯を食いしばりながらも勉強することにやっと楽しみを感じてきて心持ちが少し余裕出てきたが、センター試験まであと220日だということを省みて、逆算して見ると長いやつで短く感じる。これから夏に入ると周りの受験生はきっと殺気立って来るだろうしいよいよ第三次世界大戦の幕開けだなと感じる。

 

とは言いつつもやはりインターネットを開くと同年代の人が大学で楽しそうな生活を送っているのを見ると自分の処遇の悪さを省みて心が沈んでしまう。これは全て自分が悪く他の人は悪くないんだが。自分で言うものなんだが、自分は割と周りの人はどうでもよくて自分さえ良ければの精神で生きてきた人間なので別に周りが幸せだろうが幸せじゃなかろうが自分に実害がなければどうでもいいと思っていたし、逆に自分が幸せじゃない時にも周りには影響しないから自分の好き勝手やってきた事が多かったが、浪人生になってからは他人のことについてよく考えるようになった。まぁ大学も大学で大変そうなのでうーーーーんってところあるけどね。

 

インターネットを開くと自分の意思とは無関係にいいこと悪いこと吸収してしまうので精神が不安定な四月、五月はインターネットを断とうと思っていたが案外ないと困ったりはするものでニュースなどは見ていた。SMAPの席が1つ空いたし、NEWSを見てたらNEWSの席も空いたので来年はジャニーズ事務所を受験するのもアリだと思う。

 

とにかく生活習慣を正そうとして5時に起きて2時間くらい勉強したあと予備校に通うことにしている。遅く起きれば起きるほどまた自分の不甲斐なさを痛感しガチなのでストレスを溜めないようにするのにもね。朝早いとスッキリするので☆5です。

 

大学院にも行って社会人になるのを送らせてゆっくりモラトリアムを楽しもうと思っていたが(流石に冗談でそんな安直な理由ではないです)、浪人させてもらってるのに大学四年になったら院進させてくれと言うのも少し気がひけるので自信を持って院進できるように今勉強を頑張って得た経験を生かして大学では勉強頑張っちゃうぞ〜!とおもっている。

 

大学では情報工学を学ぼうとおもっている。これは小さい頃から描いていた夢だが本当にここ5年でインターネットテクノロジーが進化して素晴らしいWebサービスやプロダクトが増えてきた。10年前ではバグだらけでアプリを起動するのもクソ時間かかった上、馬鹿高い価格だった初代iPhoneも(それでも売れたからやはり画期的なものだったんだろう)最新のiPhone Xには顔認証が搭載され、駅の改札では携帯をタッチするだけで改札が通れようになったし、もう指紋認証センサー自体を液晶画面の中に搭載して、電源をつける前の画面に指でタッチするだけで認証解除できるスマホも発売されている。僕はどっちかと言うと機械学習(いわゆる人工知能)やセキュリティに興味があるのでそっちはあまり触る事がないかもしれないが人を便利にするツールとしては同じだ思う。人の役に立つテクノロジープロダクトを開発するのが夢なのでこれを実現するためにもできるだけレベルの高い大学で高等教育を受けたいと思う。それと僕は宇宙も好きなので未だ一般の人には卓上の、なにかよくわからないものであり続けている惑星や恒星や宇宙の神秘をスマホを使って身近に感じられるアプリなんかも作ってみたいと思う。頑張ります。